村民魂 〜SONMIN SOUL〜

村民魂 〜SONMIN SOUL〜 イメージ画像

山口県・方言・ご当地ネタ

毎年夏には母方の祖父母の港町で開催されるお盆祭りに参加しました。 日本海に打ち上げられる花火は絶景でした。 そして、何より私が一番記憶に残っている景色は、 お祭り当日の昼間、漁船に掲げられた大漁旗。 カラフルな大漁旗と、空と海のブルーのコントラストが
『漁師町のお盆祭り』の画像

前回の続き(無人島へ海水浴② 〜貸切ビーチ〜) 海水浴に行った無人島の近くにさらに小さい無人島があり、 兄やいとこ達と泳いで行くことに。 当時、小学校低学年だった私にとったら、ドキドキの体験でした。 距離はうろ覚えですが、300m〜400m離れていた気がしま
『無人島へ海水浴③ 〜近くの島へ遠泳〜』の画像

前回の続き(無人島へ海水浴① 〜交通手段は漁船〜) 観光地ではない無人島のため、自販機や売店などはもちろんありません。 みんなお弁当や飲み物など、必要なものを持ち込みます。 船着場みたいなところはあったのですが、すでにたくさんの先客の漁船が並んでい
『無人島へ海水浴② 〜貸切ビーチ〜』の画像

夏になると、いとこ達と無人島へ海水浴に行きました。 じいちゃんの漁船に乗って。 無人島とはいっても、船で10分くらいの場所。 しかし、連絡船や定期線はないため、海水浴などを楽しんでいるのは船を持っている漁師とその子供・孫達がほとんどです。 最高のバカンス
『無人島へ海水浴① 〜交通手段は漁船〜』の画像

居酒屋や海鮮料理屋で、お刺身をいただくのですが、 どうしても地元で獲れる魚や祖父が獲ってきた魚と味比べてしまいます。 生臭かったり、淡白だったり、パサパサしていたりすると、 「地元で食べる魚の方が美味しい」とウンチクが始まってしまいます(笑)。 地元で
『ぶちうまいっちゃ!〜山口弁活用編「ぶち」〜』の画像

↑このページのトップヘ