村民魂 〜SONMIN SOUL〜

村民魂 〜SONMIN SOUL〜 イメージ画像

山口県・方言・ご当地ネタ

今でもついうっかり使ってしまう山口弁「かるう」標準語で言うと、「背負う」という意味です。「リュックを背負う」時なんかに、「リュックをかるう」と言うのですが、今だにこの方言は抜けません(笑)。「かるう」と言ったところで通じないので「え?」と聞き返されます(
『山口弁の「かるう」と「やし」の意味とは?』の画像

山口弁の「びったれ」の意味は、「汚い」「だらしない」というあまり嬉しくない意味です。子供の頃、部屋を散らかしまくっていた私はよく親に「びったれじゃね〜」と言われていました。 同じような意味で山口では「ほうとくない」とも言います。どちらにしろ嬉しい言葉では
『言われると嬉しくない!山口弁「びったれ」の意味』の画像

【 山口弁豆知識 】山口弁の「たう」「たわん」。標準語の意味は、漫画を見てもらえば分かると思いますが、「届く」「届かない」の意味です。注意して欲しいのが、ただの「届く」「届かない」の意味ではなく「手が届く」「手が届かない」と、物質的に自分の範囲内で「届く」
『山口弁「たう」「たわん」は「届く」「届かない」の意味』の画像

山口県といえば!? 前回のお話では、山口県以外の人に山口のイメージを聞くと 「フグ」か「下関」と言われることが多いと書きましたが、 反対に、山口県出身者が山口について聞かれると、 どう返答するかというと 「内閣総理大臣の
『山口を紹介する場面での山口県民定番のセリフ』の画像

上京してから、初めましての場での世間話で 自分の出身地の話になることが多いですが、 その時、自分が山口県出身と言えば、 「フグで有名な」「下関があるよね〜」と 大体この2択で返されます。 たまに「ユニクロの発祥地でしょ」と
『山口県といえば!?』の画像

↑このページのトップヘ