村民魂 〜SONMIN SOUL〜

村民魂 〜SONMIN SOUL〜 イメージ画像

山口県・方言・ご当地ネタ

移動しても、ついて来るフグ。 そのフグは弱っていたっぽく、ほぼ自力で泳げる感じではなかったです。 なので、潮の流れに流されるまま、私と同じ進行方向に進んでいたのでしょう。 それか、私を壁にして波を避けていたのか(笑) フグ=毒のイメージが強かったので、追
『フグに好かれた女』の画像

前回の続き(カニと惨事①) 祖父母宅の溝にいた卵を抱えたサワガニを捕まえて、育てていました。 その、サワガニの卵が孵化したので、嬉しくなり、祖父母に見せようと自転車で向かいました。 (祖父母宅は近所で自転車で3分くらいのところです。) そして・・・ 自
『カニと惨事②』の画像

続きます!! 早朝ランニング② 【山口弁豆知識①】 4コマ目に兄が言っている 「えらかった」は きつかった、しんどかった、疲れた、の意味です。 「偉い」の意味ではありません、ご注意を。 今でも、本当にしんどい時はポロっと「えらい」と言ってしまうこともあ
『早朝ランニング①』の画像

前回の続き(魚のつかみ取り大会) 魚のつかみ取り大会で、なんとかウナギを獲得した私。 家に持って帰っても、両親が不在だったので、魚たちをどうしようと思いました。 同じく捕まえてきた鮎たちは、お亡くなりになられていたので、トレーに入れてラップをかけ冷
『ウナギの生命力よ』の画像

夏の風物詩だった「魚のつかみ取り大会」。 プールの水を抜き、ふくらはぎくらいまでの水位にして、鮎とウナギを放ちます。 鮎は取り放題で、ウナギは一人2匹までと決まりがあった気がします。 手で捕まえた魚はOKで、ビニールで直接魚をすくうことは禁止でした。
『魚のつかみ取り大会』の画像

↑このページのトップヘ