村民魂 〜SONMIN SOUL〜

村民魂 〜SONMIN SOUL〜 イメージ画像

田舎あるある

いやー、今冷静に考えるとダサさ爆発の登下校スタイル!(笑) 当時の私はまったく何とも思っていませんでした。 むしろ小学生の頃は、自転車に乗る時に着る安全チョッキが、かっこいいと思っていて、早く着たいと思っていました(笑)。 身も心も田舎スタイルにど
『思い出の登下校スタイル』の画像

幼稚園・小学校・中学校と 一度もクラス替えがありませんでした。 漫画やドラマのクラス替えシーンに本当に憧れていました。 高校は近くの市内に通いましたが、その時初めてクラス替えを経験しました。 憧れのクラス替えが嬉しかった反面、仲の良い友達と同じクラスに
『田舎あるある④ 〜クラス替えに憧れる〜』の画像

18歳で車の免許を取り、帰省した時は、地元周辺をドライブしていました。 基本的に道中は一人なので、初心者ドライバーには快適なドライブで、 変なプレッシャーもなく、本当に運転の練習になります。 たまに、熟練ドライバーに後ろに着かれますが、着かれたとしても
『田舎あるある③ 〜交通事情〜』の画像

車は、一人一台は必要です。 家に一台しかなかったら、誰かが車で出かけると、残された人は仕事にもいけないし、どこにも行けないし、何もできない。 とにかく不便です。 村民の主な仕事は農業という家も多く、軽トラは必需品で一家に一台はありました。 我が家も例
『田舎あるある② 〜車社会〜』の画像

村の中では、すれ違った人とあいさつをすることが習慣化していました。 幼い頃なんてそれが当たり前と思っていたかもしれません。 小学生の時、初めて親と離れて街中を歩いた時のエピソードです。 初めて一人で街中を歩くことにウキウキして、テンションも割と上がっ
『誰にでもあいさつします!』の画像

↑このページのトップヘ