how-many-mochi

「明日の雑煮の餅何個食べる?」

「2個〜」



大晦日の夜に、子供の頃から今も変わらない恒例の会話。

帰省して、この会話をすると何だかとても懐かしい気分になる。