farm-kitchen1
farm-kitchen2
farm-kitchen3
farm-kitchen4

田舎の家だからか、古い家だからか分かりませんが、
台所と食卓は靴を脱がなくても良い場所に設置してあります。


田舎では、玄関はあるけどほとんど使われず
住人も訪問者も宅配業者もすべて勝手口から出入りします。

その勝手口の先には、台所と食卓があり、靴を脱がずとも
台所で用事ができたり、ご飯を食べれたりします。



このような家の構造について今まであまり気にしなかったのですが、
よくよく考えてみれば、
普通は台所や食卓って、玄関入って、靴を脱いで
居間や座敷のような所にありますよね?


田植えシーズンになると
田植え用の長靴は汚れていたり、脱ぐのに時間がかかったりするので
いちいち居間や座敷に上がってお昼ご飯の準備などしてらんないと
祖母や母が嘆いていたので、

なるほど、農作業で汚れた衣服だったり
面倒な長靴の着脱を考えたら、台所や食卓が
靴を脱がなくても良い場所にあると便利なんだな〜と思いました。


都会の感覚でいうと、ご飯屋さんに行った時
テーブル席でご飯を食べる場合、
お店の入り口入って、靴は脱がずそのままテーブルに座りますよね。
無理やりですが、そんな感覚です(笑)。



農家の家は、台所や食卓が靴を脱がなくても食べれる場所にある。

反対を言うと、食事は居間に運んで座敷で食べることもできますが、
靴を履かないと台所に行けないので、
不便な部分もあります。


ちなみに、トイレも中と外の両方に設置している家庭も多いです。

それこそ、農作業の途中でトイレに行きたくなったら
外にトイレがあった方が便利ですしね。



【 山口弁豆知識 】

漫画2コマ目にじーちゃんが
「服が汚れとるけ〜家に上がるのはやれんの〜」と言ってます。

「やれん」とは
「やってらんない」などの意味です。


さらに、山口弁ではこの「やれん」の前に
「はぁ〜」をつけます。



「はぁ〜やれんの〜」

「もうやってられない」の意味になります。




sonminsoul-category-yamaguchi
まだまだあるよ!山口県の方言、ご当地ネタ\(^O^)/
1d63a181.jpg
まだまだあるよ!田舎あるあるネタ\(^O^)/