村の中学生の登下校スタイル※自転車通学時
今考えたら謎のダサさ
きわめつけは生徒全員に配布されるデカくて重い鈴
登下校中、万が一熊に遭遇しないよう、鈴の携帯が義務付けられていました


いやー、今冷静に考えるとダサさ爆発の登下校スタイル!(笑)

当時の私はまったく何とも思っていませんでした。


むしろ小学生の頃は、自転車に乗る時に着る安全チョッキが、かっこいいと思っていて、早く着たいと思っていました(笑)。

身も心も田舎スタイルにどっぷり浸かっていました(笑)。


極めつけは「熊よけの鈴」の着用。

自転車やカバンに生徒全員つけていましたが、よく考えると田舎ならではの面白いエピソードです。
その鈴が結構デカくて重かったのですが、音が鳴りさえすればそんなに大きくなくても、重くなくてもいいんじゃない?と、当時思っていました。

そういえば、実際に登校中に熊に遭遇したというクラスメイトもいました。

恐ろしい!!!!

ちなみに朝の登校は、制服を着て登校することが多かったですが、
下校は部活動の後なので、ほぼジャージでした。

どちらにしても、自転車通学の場合、ヘルメットと安全チョッキは必須でした。





1d63a181.jpg

まだまだあるよ!田舎あるあるネタ\(^O^)/