村民魂 〜SONMIN SOUL〜

村民魂 〜SONMIN SOUL〜 イメージ画像

都会と田舎のギャップ

夜、ふと自販機にジュースを買いに行ったり、 小腹が空いてコンビニに行ったり、 飲食店は夜中も営業していたりと、 都会は何かと便利です。 夜もお店が開いているので、夜に出歩いている人も多いです。 残業帰りの人も、ちらほらいらっしゃいます。 お疲れ様です!
『夜道』の画像

18歳で上京してから、もう10年以上経ちます。 こっちでは山口弁をほぼ使わず、会話はすべて標準語を使っています。 上京当初は、田舎出身コンプレックスが強すぎて、 方言を少しでも早く標準語に矯正しようとしていました。 上京したばかりの頃なんて、 ナマリや
『唯一使えない標準語』の画像

田舎の夏の夜って、虫の大合唱で、意外とうるさいんです。 私は全然寝つけるのですが、(むしろ子守唄) 慣れない人はどうなんだろ、気になって寝つけなかったりするのかな。 田舎は近所との距離が遠いため、人工的な騒音で夜に起こされることはほとんどないのですが
『夜の騒音』の画像

現在住んでいるエリアは、関東の住宅街。 アパート、マンション、一軒家などが所狭しと立ち並んでいます。 夏の風物詩、花火をするのも 場所を考えなくてはなりません。 しかし、公園や河原も花火禁止の場所が多い。 人口密集地で火気を扱う場合は、注意が必要なの
『花火をしたい』の画像

子供の頃、不思議とヘビの気配のようなものを感じていました。 特に草むらに入ると敏感で、 「あ〜ヘビいるかも〜」と感じると、結構な確率でヘビに遭遇していました。 こちらが悪さをしない限り、ヘビと遭遇しても、ヘビの方から逃げていくと分かっていたのです
『草むらにはご用心』の画像

↑このページのトップヘ