村民魂 〜SONMIN SOUL〜

村民魂 〜SONMIN SOUL〜 イメージ画像

更新情報

上京してから、公園の沼や池でザリガニ釣りをしている光景を見かけます。 「?」 「ザリガニって釣るものなの?」 「私、手づかみでいってたけど?」 しかも、ザリガニに挟まれるリスクもあるにもかかわらず、ドブに裸足で入っていました。 趣味で、たまに釣りを
『ザリガニ』の画像

刷り込みとはこういうことでしょう。 我が家ではゴキブリのことをアブラ虫と呼んでいました。 ここで話題に出ているアブラ虫とは、葉っぱによくくっついている、てんとう虫くらいの大きさの虫のことです。 みんなに大きいアブラ虫を見せたいと、家に出たゴキブリを
『アブラ虫』の画像

夏休みは小学校のプールにほぼ毎日通っていました。 平日午後の3時間程度、プールが開放されました。 開放前、続々と子供達が集まります。 みんなの狙いは「誰よりも早くプールに入りたい」 です。 だから、服の下に水着を着てくるなんて当たり前。 服を脱ぐだけで
『プールの着替え』の画像

みなさんも、夏休みの思い出は色々あると思いますが、 田舎っ子の私は、ほぼこんな毎日を過ごしていました。 その他にも、 山にカブトムシを取りに行ったり、近くの溝や川に入ってドジョウやカニ、ヤモリを捕まえたり、、、 昆虫採集にもいそしみました。 祖父母の
『夏休みのルーティーン』の画像

移動しても、ついて来るフグ。 そのフグは弱っていたっぽく、ほぼ自力で泳げる感じではなかったです。 なので、潮の流れに流されるまま、私と同じ進行方向に進んでいたのでしょう。 それか、私を壁にして波を避けていたのか(笑) フグ=毒のイメージが強かったので、追
『フグに好かれた女』の画像

前回の続き(カニと惨事①) 祖父母宅の溝にいた卵を抱えたサワガニを捕まえて、育てていました。 その、サワガニの卵が孵化したので、嬉しくなり、祖父母に見せようと自転車で向かいました。 (祖父母宅は近所で自転車で3分くらいのところです。) そして・・・ 自
『カニと惨事②』の画像

何やらまたやらかしそうな予感(笑) 明日に続きます!! (カニと惨事②) まだまだあるよ!田舎っ子の日常\(^O^)/
『カニと惨事①』の画像

前回の続き(早朝ランニング①) 大きいトラックは兄、小さいトラックは私。 兄は大回り、私は小回りの道を走るとの意味でした。 「トラック」という言葉は乗り物のトラックしか知らなかった私。 お互いトラックの気分になって走ろうとは 兄は、なんと粋でおもし
『早朝ランニング②』の画像

続きます!! 早朝ランニング② 【山口弁豆知識①】 4コマ目に兄が言っている 「えらかった」は きつかった、しんどかった、疲れた、の意味です。 「偉い」の意味ではありません、ご注意を。 今でも、本当にしんどい時はポロっと「えらい」と言ってしまうこともあ
『早朝ランニング①』の画像

祖父母の家には肥溜めがありました。 肥溜めから「バシャバシャ」と音がするので、のぞいてみると、ヘビは肥溜めに落っこちてしまい、必死に這い上がろうと泳いでいる光景が目に飛び込んできました。 以前の記事にも書きましたが、私は幼い頃、ヘビが大嫌いでした。
『肥溜めに落ちたヘビ』の画像

↑このページのトップヘ